小豆島のフォトジェニックスポットで作った新しい思い出の形

香川大学工学部で開発し現在小豆島で実証実験をしているkadapam(カダパン)というシステム。
株式会社テリムクリもサポートさせてもらっており、打ち合わせも兼ねて現場にお邪魔しました。

そもそもkadapam(カダパン)ってどんなもの?

専用の観光ガイドブックに掲載されている写真と同じ場所・構図で自分のスマホを使って写真を撮影すると、その写真に置き換わったガイドブックが出来上がるサービスです。データはスマホにも残りますが島で印刷まで対応しています。


kadapam(カダパン)小豆島観光ガイドブック

コースは岬、山、海辺の3つ(1枚無くしてしまいました・・。)

スタート地点は「道の駅 小豆島オリーブ公園」


道の駅小豆島オリーブ公園の白いギリシャ風車

おなじみのこの写真の撮影からスタートです。

白いギリシャ風車、2,000本のオリーブ畑、実写版「魔女の宅急便」のロケ地としても有名でオリーブの歴史も学べる場所です。平日の夕方でしたが外国からの観光客で賑わっていました。オリーブのソフトクリームも美味しかったです。

リンク:道の駅 小豆島オリーブ公園 公式サイト

ガイドブックを持って他の観光地へもGO!


土渕海峡

土渕海峡

迷路のまち

迷路のまち

海辺コースを選択し、土渕海峡・迷路の町・エンジェルロードを巡りました。ガイドブックと同じ構図を発見した時と撮影して画像が認証された時は思わずガッツポーズ。
ちなみにおじさん二人でキャッキャ言いながらまわってました。
撮影スポットでかつ印刷が出来る「道の駅 小豆島ふるさと村」には時間の都合で辿りつけず残念!

旅を終えたらガイドブックを生成

自分が写っているガイドブックが出来上がりました。以下は印刷前のデータで、印刷後に三つ折りする事でガイドブックになります。
アルバムのようなガイドブックのような何やら新しい「モノ」が出来上がった感じです。少々人物の主張強くても構図の認証通りますので目立ちたがりの方も安心してください。ちょっと見切れてみたり、さり気なく写るのもシュールで面白いかもしれませんね。いろいろ遊べそうです。


kadapam(カダパン)海辺コース外面

海辺コース外面 飛んでます

kadapam(カダパン)海辺コース中面

海辺コース中面、さりげなく?写っています

kadapam(カダパン)のこれから

現在は実証実験の段階ですが今後観光サービスやオリエンテーリング、フォトロゲイニングなど展開が期待出来そうです。また研究のポイントでもある写真についているExif(時間や位置情報)から観光者の行動分析ができるのは面白いです。

ぎゅうログ的今日の学び

クラウドサービスやAPIなど環境も整いコストも下がって、おじさんエンジニアが飲みニケーションなんで言ってる間に優秀な若者がサクッとサービス作っちゃうすごい時代です。

リンク:観光ガイドブック生成システム kadapam(カダパン)


こちらもフォローお願いします