フィニッシュ:プラセール・フットサル・スクール

プラセール・フットサル・スクールの2月のテーマはフィニッシュ。
「シュートの終わらせ方」は攻守の切り替えが早いフットサルで非常に重要です。
ゴレイロ(ゴールキーパ)にキャッチされるようなシュートでは相手のカウンターを受けて失点につながってしまいます。子ども達も大好きなシュート、人数をしっかりかけてゴールを奪い切るいくつかのパターントレーニングはきっと楽しいはず!

スタッフブログ:2月のテーマはフィニッシュ 香川県で唯一のフットサル専門のジュニアスクール。サッカーのスキルアップにも。NPO法人プラセール・スポーツ・ソサエティ


ディフェンス:プラセール・フットサル・スクール

プラセール・フットサル・スクールの12月のテーマはディフェンス。
攻守の切り替えが早いフットサルでは、いいディフェンスはいい攻撃そして得点につながります。
オフサイドがないフットサルのルールに加え、フォーメーション、受け渡し、1対1の個の強さなど要素は様々。ディフェンスの質が上がるとチームのフットサルの質がぐっと上がります。

スタッフブログ:12月のテーマはディフェンス 香川県で唯一のフットサル専門のジュニアスクール。サッカーのスキルアップにも。NPO法人プラセール・スポーツ・ソサエティ


エイト:プラセール・フットサル・スクール

フィールドプレイヤーが4対4のフットサルでは、止まっていると敵もマークに付きやすく、スペースも消されて攻め手が無くなってしまいます。ボールと人が常に動きながら、敵を回避し、チャンスを作り出す基本的な動きが「エイト」です。もちろん目的はパス回しではなく、ゴールを奪う事なので数的有利の状況を作ったり、敵の動きや空けたスペースで他の戦術を使うところまでしっかり意識したトレーニングを行います。

スタッフブログ:11月のテーマはエイト 香川県で唯一のフットサル専門のジュニアスクール。サッカーのスキルアップにも。NPO法人プラセール・スポーツ・ソサエティ


パラレラ:プラセール・フットサル・スクール

フットサルのパラレラ、競技中パラ!パラ!と聞いた事ある方多いと思います。
ポルトガル語で並行という意味でサイドラインと並行、つまり縦のパスを受ける動きをいいます。
出し手の前にディフェンスがいる場合は膝下ぐらいに浮かしてスペースに落としたり、受け手がシュートまで待ち込める奥深い早いパスを出したりバリエーションは様々。もちろんパラレラを警戒して空いたスペースを利用して他の戦術を使うところまでしっかり意識したトレーンングを行います。

スタッフブログ:香川県で唯一のフットサル専門のジュニアスクール。サッカーのスキルアップにも。NPO法人プラセール・スポーツ・ソサエティ


ピヴォ当て:プラセール・フットサル・スクール

ピヴォ当てはフットサルでは基本的な戦術ですが、サッカーでは馴染みのない言葉だと思います。サッカーだとメッシが敵の密集する間をパス通して、受け手に向かって走ってく、もちろんそこから派生して様々な選択肢も生まれます。そんなシーンが近いのではないでしょうか。未経験の子どもたちですがさすがの順応性を見せてくれたようです。

スタッフブログ:香川県で唯一のフットサル専門のジュニアスクール。サッカーのスキルアップにも。NPO法人プラセール・スポーツ・ソサエティ


SuperSports XEBIO 香川県フットサルリーグ2016 開幕節

香川県フットサルリーグが今季も開幕しました。昨シーズンダブル棚ぼたで残留して一応県下トップの1部リーグです。まさか40歳過ぎてこのカテゴリで選手やるとは若い頃全く想像してませんでした。


とらまるてぶくろ体育館

会場のとらまるてぶくろ体育館


こちらもフォローお願いします