今日もパソコンの前から離れられず帰れないあなたが学ぶべき効率化オタクの技と考え方

効率化オタクが実践する光速パソコン仕事術「効率化の鬼」ヨス

効率化オタクが実践する光速パソコン仕事術「効率化の鬼」ヨス

現在のビジネスシーンではほとんどの方がパソコンを使っていると思います。
日常業務はこなしているものの、あらためて今パソコンで行っている手順について見直す機会ってなかなかないのではないでしょうか?自分もそうです。

本書は自称「効率化の鬼」プロブロガーのヨスがサラリーマン時代を含め20年以上かけて試行錯誤してきた「効率よくパソコンを使い、仕事に使う時間を短縮させるの技」をまとめたものです。

元々、パソコンにはショートカットや単語登録など便利な基本機能がある上にOSは常にアップデートされていますし、新しいアプリケーションもどんどん開発されています。すべて習得するのは現実的ではないですよね。本書では「今現時点」で「抑えておくべき」テクニックが凝縮されています。
「ショートカットなんでコピー&ペーストぐらいしか使ってないよ」って人には特に目から鱗の情報満載です。


世代間ギャップに悩むあなたへ。ミレニアル世代と付き合うポイントは「トライブ」-ミレニアル起業家の新モノづくり論

ミレニアル起業家の新モノづくり論/仲 暁子

ミレニアル起業家の新モノづくり論/仲 暁子

日本の企業が世界で存在感を失ってしまったのはかつて得意だった製造業のコモディティ化が進み、価格競争に巻き込まれ、IT・ネット系の高付加価値な産業への転換の遅れが主な原因と言われています。現状、GDPは中国に抜かれ世界の時価総額ランキングの上位はネット関連の米系企業が占めています。

どうすれば良いのか?

ゴールドマン・サックス、フェイスブックを経てビジネスSNSを立ち上げた起業家である著者、ヒントは「ミレニアム世代」と提言します。
「ミレニアム世代」はニュース等でもよく聞くキーワードです。仕事ではエンドユーザとして意識する場面もありますし、直接話をして特徴や世代間ギャップを感じたりする中で本書が書店で目に止まり手にしました。

消費者・労働者の中心世代となる彼・彼女らの価値観や行動原理を理解する事の重要性、そこに向けた事業や組織の構築、これからの働き方やその先にある日本未来について学ぶことができます。


こちらもフォローお願いします