世代間ギャップに悩むあなたへ。ミレニアル世代と付き合うポイントは「トライブ」-ミレニアル起業家の新モノづくり論

ミレニアル起業家の新モノづくり論/仲 暁子

ミレニアル起業家の新モノづくり論/仲 暁子

日本の企業が世界で存在感を失ってしまったのはかつて得意だった製造業のコモディティ化が進み、価格競争に巻き込まれ、IT・ネット系の高付加価値な産業への転換の遅れが主な原因と言われています。現状、GDPは中国に抜かれ世界の時価総額ランキングの上位はネット関連の米系企業が占めています。

どうすれば良いのか?

ゴールドマン・サックス、フェイスブックを経てビジネスSNSを立ち上げた起業家である著者、ヒントは「ミレニアム世代」と提言します。
「ミレニアム世代」はニュース等でもよく聞くキーワードです。仕事ではエンドユーザとして意識する場面もありますし、直接話をして特徴や世代間ギャップを感じたりする中で本書が書店で目に止まり手にしました。

消費者・労働者の中心世代となる彼・彼女らの価値観や行動原理を理解する事の重要性、そこに向けた事業や組織の構築、これからの働き方やその先にある日本未来について学ぶことができます。


エイト:プラセール・フットサル・スクール

フィールドプレイヤーが4対4のフットサルでは、止まっていると敵もマークに付きやすく、スペースも消されて攻め手が無くなってしまいます。ボールと人が常に動きながら、敵を回避し、チャンスを作り出す基本的な動きが「エイト」です。もちろん目的はパス回しではなく、ゴールを奪う事なので数的有利の状況を作ったり、敵の動きや空けたスペースで他の戦術を使うところまでしっかり意識したトレーニングを行います。

スタッフブログ:11月のテーマはエイト 香川県で唯一のフットサル専門のジュニアスクール。サッカーのスキルアップにも。NPO法人プラセール・スポーツ・ソサエティ


AIは敵か見方か?シンギュラリティー到達後の世界は将棋の勝敗や職業奪うどころの話じゃなかった

AIが神になる-日シンギュラリティーが人類を救う

AIが神になる-日シンギュラリティーが人類を救う

AI(人工知能)は近年ホットなキーワードですね。
プロ棋士との対戦や職業を奪われるとか人類の脅威になるなどかなり話題になりました。
身近なところでは車の自動運転・掃除機・Siriなどですが、既存のクラウドやIoTのサービス・技術にAIというワードをくっつけただけの事例も見かけ混乱も多いように思います。
本書「AIが神になる日・シンギュラリティーが人類を救う」ではAIの基本的な考え方から哲学・宗教・政治面からのアプローチを通してAIが進化した世の中と今後人類がどう向き合って行くべきが学ぶ事が出来ます。


「長続きしない」原因を科学的に解明して新しい生活を手にれる「小さな習慣」

小さな習慣

小さな習慣

スポーツ、勉強、仕事など目標を何か立てて達成の為に自分の生活を変えようとして3日坊主、挫折した経験は誰しもあると思います。
ない人の方が少ないのではないでしょうか。もちろん僕もその1人。
今までの自己啓発本とは違う、根性論でもく、もちろんスピリチュアルな話でもない科学的なアプローチで良い習慣を身につける方法が学べます。


パラレラ:プラセール・フットサル・スクール

フットサルのパラレラ、競技中パラ!パラ!と聞いた事ある方多いと思います。
ポルトガル語で並行という意味でサイドラインと並行、つまり縦のパスを受ける動きをいいます。
出し手の前にディフェンスがいる場合は膝下ぐらいに浮かしてスペースに落としたり、受け手がシュートまで待ち込める奥深い早いパスを出したりバリエーションは様々。もちろんパラレラを警戒して空いたスペースを利用して他の戦術を使うところまでしっかり意識したトレーンングを行います。

スタッフブログ:香川県で唯一のフットサル専門のジュニアスクール。サッカーのスキルアップにも。NPO法人プラセール・スポーツ・ソサエティ


ピヴォ当て:プラセール・フットサル・スクール

ピヴォ当てはフットサルでは基本的な戦術ですが、サッカーでは馴染みのない言葉だと思います。サッカーだとメッシが敵の密集する間をパス通して、受け手に向かって走ってく、もちろんそこから派生して様々な選択肢も生まれます。そんなシーンが近いのではないでしょうか。未経験の子どもたちですがさすがの順応性を見せてくれたようです。

スタッフブログ:香川県で唯一のフットサル専門のジュニアスクール。サッカーのスキルアップにも。NPO法人プラセール・スポーツ・ソサエティ


香川県でkintone Cafeはじまります!


顧客情報や営業管理、受発注業務など自作のExcelやAccessで限界を感じていたり、大昔導入したシステムで業務と乖離して役に立たないなど業務システム改善にお悩みの方。スモールスタートで日々の変化に対応しながら運用できるKintoneを検討してみてはいかがでしょうか。
まだ触れたことの無い初心者から、高度なカスタマイズを行っている方まで幅広く交流しkintoneの魅力や活用法をみんなで共有するための勉強会コミュニティ「kintone Café」が香川県ではじまります!


気軽に参加した島まるごと体験ツアーが本気過ぎ

先日、「離島ワークショップ・親子で島まるごと体験ツアー」に参加してきました。
嫁さんが申し込みして僕は仕事でバタバタしてた事もあって詳細あまり確認せず、県の事業でゆるいツアー名だし気軽に集合場所の高松港の桟橋へ。
そこで待っていたのは参加人数にわりには小さく無骨な船と屈強な男性乗組員達でした。


そのホームページのコンテンツは誰向けですか?

前回、ホームページのデザインや制作の前段階の設計について書きました。

ワークショップ形式でホームページ設計

3C分析で自社を取り巻く環境を俯瞰し、ペルソナ(顧客像)は3人設定、カスタマージャニーマップで過程や感情を可視化するところまで進み次は掲載するコンテンツを検討する段階です。
もしこれまでのフェーズをすっ飛ばすと、各部署のアピールしたい情報が優先度もバラバラで並び、使いづらく、目的も曖昧なホームページになってしまいます。いや、完成すればいいですがプロジェクト自体も難航してしまいがちです。


こちらもフォローお願いします